変わらない「こだわり」。立ち止まらない「夢」。丸進工業は帆布の進化に挑み続けます。


倉敷帆布はいつも考えています。「いまの時代に暮らす人々のために、何ができるのか」そんな細い糸を紡ぐような想いの積み重ねが、伝統となり、文化をつくってきました。その姿勢や存在が、いま改めて見直されています。
ものをつくる真摯な態度や、心地よいものと過ごす毎日の時間の素晴らしさに、多くの人が気づいているように感じます。人々の暮らしやスタイルは、ゆるやかながらも変化していきます。だから、大事なのは変わること。そして変わらないこと。芯となる大事なことは守りながらも、人々の生活にそっと寄り添いながら改善・改良を重ね、技術や姿勢を未来へと伝え続けていくのが私達の役割だと考えています。



商 号  丸進工業株式会社

代表者  代表取締役 武 鑓 篤 志

所在地  〒710-0146 岡山県倉敷市曽原439番地
     TEL.086-485-1211 FAX.086-485-3173

創 業  昭和8年(1933年)

設 立  昭和19年(1944年)

資本金  2,000万円

従業員  30名(平成25年4月現在)

決算期  11月

業務内容 織物製造販売、帆布製品製造販売

取扱品  綿帆布、麻帆布、合繊・アクリル帆布、産業資材用織物、
     帆布製品(袋・カバン・衣料他)

主要銀行 中国銀行 藤戸支店

主要取引先 大和紡績(株) 川島商事(株) 高島(株) 大一帆布(株)
      村田長(株)  (株)タメオカ

関連企業 株式会社バイストン              
     〒710-0146 岡山県倉敷市曽原406-1     
     TEL.086-485-2112 FAX.086-485-2119   

会社沿革
     昭和08年 武鑓進衛が現在地にて織布業を創業。

     昭和19年 軍需工場に転換して丸進通信工業株式会社を設立。

     昭和22年 復元し現在名に改称。

     昭和38年 武鑓 尚 代表取締役社長に就任。

     昭和43年 大和紡績株式会社の指定工場となる。

昭和45年 資本金を1,200万円に増資。

平成01年 資本金を2,000万円に増資。

平成07年 武鑓篤志 代表取締役社長に就任。

平成09年 「はんぷ屋」事業部を開設



公共機関をご利用の場合
・JR倉敷駅前6番乗場 下津井電鉄バス、天城線児島行「沖縄手」下車 徒歩約2分
・JR児島駅前6番乗場 下津井電鉄バス、天城線倉敷行「沖縄手」下車 徒歩約2分


車でお越しの場合
瀬戸中央自動車道 水島ICから岡山方面へ、最初の信号を右折、約50m先バイストン
ショールーム隣の駐車場をご利用ください。駐車場から道をはさんで正面が入口です。